忍者ブログ
Admin / Write / Res
生活習慣病や生活習慣病対策・予防・原因・治療・食事療法などに関連した記事を集めたメモ? 生活習慣病に関する情報を見つけたら、更新します!
スポンサードリンク
ブログ内検索
バーコード
最新CM
[11/07 NONAME]
[09/20 サイト管理人 千葉]
[04/23 こんにちは]
[07/26 トクマ]
[07/12 ほーこ]
最新TB
(08/13)
(05/01)
(08/27)
(08/27)
(03/10)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生活習慣病だと、なかなか外食もできませんが、たまには、焼肉が食べたいなと思うこともありますよね。
そこで、おすすめしたいのが、「ホルモン」です。

「ホルモン」は、内臓のことで、栄養豊富なのにローカロリーで、現在は、女性のダイエットの食材としても人気が高いお肉です。

外食するなら、「ホルモン」は、いかがでしょうか?
ホルモンのカロリーや栄養について、見ていきましょう。

拍手[38回]

PR
生活習慣病などの病気のとき、食事をする上で、やはり1人分を作るのは、大変です。

現在では、便利な宅配サービスが多くあります。
宅配というと、食品や食材だけといったイメージがありますが、現在では、その方の病気に合わせて、メニューを選ぶだけといった簡単なものも増えています。

宅配サービスのいいところといえば、
・自分でメニューを考えなくてもいい!
・バランスの取れた食事ができる!
・買い物に行かなくてよい!
・レシピを考えなくていい!
・食材が余らない!
・余計な物を買い物しなくなる!
といった多くのメリットがあります。

どういったものがあるのか?詳しくみていきましょう。

拍手[2回]

低血圧は、血圧が低い状態をいいますが、病気ではありません。
血流が悪いことで、酸素をうまく運べないことから、貧血と同様の症状になることがあります。
さらに、だるさなどの症状を伴うことで、低血圧症になることもあります。

急に立ち上がることで、血圧が下がり、めまいや立ちくらみを起こすのが、「起立性低血圧」
原因となる病気のない「本態性低血圧」

原因となる病気があるものとして、糖尿病などがある「症候制定血圧」などがあります。


拍手[0回]

 女性にもっとも多いのが、鉄欠乏性貧血。
子育て中の母親が、自分自身の食事のバランスが偏るために、貧血になっていることが多いのです。
自覚症状があまりないので、気づかない人も多いです。

さらに普段、月経量が多く、貧血である場合は、子宮内膜症や子宮筋腫なども疑ったほうがいいでしょう。
もしかしたら?と思う方は、病院などでの検査をすることをおすすめします。

このように貧血である方も、やはり正しい生活習慣が大切です。
バランスのよい食事をすることですが、主に積極的に食べたいものをみていくことにしましょう。

拍手[1回]

だるい。
立ちくらみがする。
めまいがする。
朝なかなか起きれない。
動悸や息切れがする。
頭が重い。

そんな症状はありませんか?
 もしかしたら、貧血や低血圧の可能性も高いです。貧血度をチェックしてみましょう。

拍手[1回]

生活習慣病で、コレステロール値が高いと言われたことはありませんか?

コレステロールとは、血液の中を流れている、脂肪分のこと。
コレステロール値が増えすぎると、血液の流れを悪くし、動脈硬化を引き起こす原因を作ってしまうのです。

コレステロールが増えすぎた状態のことを高脂血症と呼びます。
近年、食事が欧米化することによって、脂肪を取りすぎてしまい、増えている病気のひとつなのです。
ひどくなると、高コレステロール血症や高中性脂肪血症となってしまいます。

原因としては、糖尿病や腎臓病、肝臓病などのほかの病気と合併することによって現れるケース、食事や生活習慣が原因となるケース、親からの体質遺伝して発症するケースなどがあります。

実際は、体内での中性脂肪の代謝が悪いことやエネルギーや糖質などを撮り過ぎていたり、運動不足によって肥満になるなどが関連しているのです。

では、コレステロールを減らすための7つのポイントを紹介しましょう。

拍手[1回]

毎日たくさん寝ているのに、昼間ものすごく眠いという方々が増えているようです。
以前紹介した「眠い病気」http://lifestyledisease.blog.shinobi.jp/Entry/13/ では、「眠い」に関係する病気をとりあげてみました。

しかし、実際には、すべての人がその病気に当てはまるわけではありません。
「眠い病気」になっているのではなく、昼間ただ単に眠いという可能性もあるのです。

最近では、昼間いねむり運転をしてしまうニュース内容も増えています。
そんなことがないようにするためにも、自分自身の身体の変化を確認し、眠気がおきないような生活習慣をするように心がけてみましょう。

 

拍手[1回]

生活習慣病になると、料理のレパートリーも少なくなるし、味付けも同じようになりがちではありませんか?
そこで、手作りのドレッシングを作ってみることをおすすめします。

手作りのドレッシングのいいところは、やはり市販のドレッシングよりもカロリーを控えることができ、見た目の分量で、どのくらいの塩分が入っているのか?ということがわかる点でしょう。

市販されているドレッシングでも、カロリー表示されているものも多くありますが、実際になにがどのくらいの量使われているのか?といった具体的なことまでわかりません。

そこで、いろいろな料理に利用できる、手作りドレッシングのレシピを紹介していきましょう。

++紹介しているドレッシングメニュー++
「フレンチドレッシング」
「イタリアンドレッシング」
「カレーヨーグルトドレッシング」
「ラビゴットドレッシング」
「マンゴードレッシング」
「アンチョビソース」
「タルタルソース」
「ハーブドレッシング」
「バルサミコドレッシング」
「味噌ドレッシング」
「梅ドレッシング」
「ゴマドレッシング」
「おろしドレッシング」
「めんたいこマヨドレッシング」
「ピーナッツドレッシング」
「ピリ辛ドレッシング」
「チリソースドレッシング」
「ナンプラードレッシング」

拍手[0回]

毎日の生活の中で、主婦にとって、気になることのひとつに「手荒れ」があります。
冬は最も乾燥しやすく、手荒れがひどくなる方も多いのではないでしょうか?

これから大掃除の時期ともなると、いつもよりも水仕事が増え、成分の強い洗剤を利用することも多くなります。
手荒れの原因や手荒れの予防方法など、この機会に見直してみませんか?

ちなみに、手荒れの原因で最も多いのが「洗剤」です。
住宅用洗剤やひょうはくざいだけでなく、台所洗剤なども原因のひとつなのです。

そして、あまり知られていないからか、ついつい使ってしまう原因となる「お湯」
時期的に、冷たい水よりもお湯を使う機会が多くなっています。それも手荒れの原因のひとつなのです。

さらに詳しくみていきましょう。

拍手[0回]

健康管理の必須アイテムといえば?
 何を思い浮かべますか?

やっぱり、「体重計」ではないでしょうか?

生活習慣病の中でも、体重の増減に関わった病気も多いですし、毎日の健康管理をするために、最も簡単で、誰にでもできることのひとつではないでしょうか?

現在は、いろいろな体重計が販売されており、機能も増えてきています。
 健康管理に、便利な体重計を選んでみましょう。

拍手[0回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
生活習慣病:メインサイト
++生活習慣病レシピ++

生活習慣病対策として予防や治療のための食事レシピを紹介中!
食生活を改善して、健康的な身体を取り戻しましょう! ぜひ!参考にして、おいしい献立作ってみてくださいね。

amazon
スポンサードリンク
Copyright ©  ++生活習慣病++ MemoBlog All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]