忍者ブログ
Admin / Write / Res
生活習慣病や生活習慣病対策・予防・原因・治療・食事療法などに関連した記事を集めたメモ? 生活習慣病に関する情報を見つけたら、更新します!
スポンサードリンク
ブログ内検索
バーコード
最新CM
[11/07 NONAME]
[09/20 サイト管理人 千葉]
[04/23 こんにちは]
[07/26 トクマ]
[07/12 ほーこ]
最新TB
(08/13)
(05/01)
(08/27)
(08/27)
(03/10)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

乳児は母乳を与えるとすくすくと成長します。これは、母乳に必須アミノ酸をはじめとするアミノ酸が、理想的な構成比で含まれているからです。また、子どもは成長するにつれて、必要となるタンパク質の量がどんどん増えていきます。大人が一日に必要とするタンパク質の量は約60~80gですが、小学生では約55~75g、思春期になると約75~90gのタンパク質が必要といわれています。つまり、体格・体重から比較すると成長期の子どもは大人に比べ、より多くのタンパク質を必要としているのです。

健康な体を作るためには、バランスのよい食事と十分な睡眠が欠かせません。特に、子どもが幼いうちから正しい食事習慣を身につけさせることは大変重要です。肉や魚などの良質タンパク質、ビタミンやミネラル、脂肪などをバランスよく摂るように心がけましょう。

骨の成長にカルシウムが大切なことはよく知られていますが、実はタンパク質も骨の成長に重要な役割を果たしています。「骨を丈夫にする」のがカルシウムだとすれば、「骨を伸ばす」作用があるのがタンパク質です。骨は、骨の先端(骨端部)の軟骨細胞に成長ホルモンが働きかけると、軟骨細胞が増殖して伸びていきます。この軟骨細胞の原料となるのがタンパク質です。このように、タンパク質は筋肉や血液などを作るだけでなく、骨の成長にも重要な役割を果たしています。タンパク質もまたカルシウムと同様、健やかな骨の成長に欠かせない栄養素なのです。

タンパク質を構成しているアミノ酸は人が生きていく上で欠かせない栄養素の1つです。人間に必要なアミノ酸のうち、体内で十分な量を合成できず、食物から摂取しなければならないアミノ酸のことを「必須アミノ酸」といいます。必須アミノ酸には、ロイシン、バリン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジンの9種類がありますが、子どもの場合はアルギニンを加えた10種類が必須アミノ酸といわれています。アルギニンには成長ホルモンの分泌を高めるなど、成長を促進する働きがあるため、子どもはアルギニンを大人以上に食事から摂取する必要があるのです。アルギニン含量の高い食品としては肉、卵、チーズなどがあります。また、成長促進や免疫力向上作用があるリジンも、子どもの成長に欠かせない、大人以上に摂取が必要なアミノ酸です。

こうした必須アミノ酸を過不足無く補うには、アミノ酸バランスに優れた肉や魚といった「良質のタンパク質」を食べる必要があります。例えば、リジンは肉や魚だけではなく、主食である米や小麦にも含まれています。しかし、牛肉(サーロイン)100g当たり1200mgのリジンが含まれているのに対し、米100g当たりのリジンは220mg、小麦粉では200mg前後と、その含有量は少なく、これだけでは一日の必要量を満たしていません(※1)。したがって、子どもの健全な成長のためには、必須アミノ酸を豊富に含んだ肉類などを十分食べさせることが大切な要素の1つです。

鉄分が不足すると、運動機能、体温保持機能、免疫機能、子どもの知能、コラーゲンの合成機能が低下することが知られています。特に、子どもの場合は、鉄分の不足により脳の発達に支障をきたすこともあるので注意が必要です。

脳の成長スピードは速く、3歳児の脳重量は既に大人の脳重量の約8割に達します。こうした脳の成長を支えているのが鉄分です。鉄分が不足すると、脳の神経細胞ネットワークの接合部であるシナプスの成長が阻害され、脳の情報伝達がうまく働かなくなります。2歳以下の子どもの場合、鉄分が不足した状態が3カ月以上続くと、認知能力や運動能力、社会性、情緒の発達などに支障が出るといわれています。

このように、脳の成長に欠かすことのできない鉄分ですが、食品中の鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品に、非ヘム鉄は植物性食品に多く含まれています。ヘム鉄は非ヘム鉄よりも吸収率が高いため、非ヘム鉄に比べて効率よく体内に吸収されます。ヘム鉄が豊富な食品としては、レバーや赤身の肉、しじみなどがあります。

参考:エバラ食品

拍手[0回]

PR
食肉が健康に良いことを示す調査結果があります。1900(明治33)年ころ、日本人の平均寿命はわずか39歳でした。平均寿命が70歳を超えたのは、女性が1960(昭和35)年、男性が1971(昭和46)年のことです(厚生労働省:第21回生命表の概況)。これは、第2次世界大戦後、日本人が畜肉や乳製品などを食べるようになり、食の多様化が進んだことが原因の1つと考えられます。

拍手[0回]

魚介類や肉類に多く含まれる亜鉛も、健康に欠かせないミネラルの1つです。亜鉛は、300種類以上の酵素の活性化に必要なミネラルで、細胞分裂やタンパク質の合成などを促進する働きがあります。このため、亜鉛が不足すると、細胞分裂や細胞の新陳代謝がうまくいかなくなり、さまざまな不調の原因となります。


拍手[0回]

健康につながると分かっていても、涙は、やはり簡単に流せるものではありません。涙を見せてはいけない場面もあります。効率的で、スマートにストレスを解消するための上手な涙の流し方を伝授します。

拍手[0回]

泣くことには、眠るのと同じリラックス作用がある。

涙とリラックス。人が涙を流す時、この一見関わりのない両者の間で、何が起きているのでしょうか?ここでは、そのメカニズムについて詳しく解説しましょう。

拍手[0回]


睡眠に不満があるといっても、良い眠りとは何かを理解していないと、かえって健康を害してしまう危険があります。そこで、今回は良い眠りについて考えてみたいと思います。



拍手[0回]


快眠を得るためには、ちょっとした知識とコツが必要になりますが、まず知っておきたいのが、体内時計について。この時計をいかに正しく動かし続けるか。それが良い眠りを得る大きなカギになります。

拍手[0回]

今や、日本人の半数以上が睡眠に対して不満や悩みをもっているといわれていますが、何か対策をしているかといえば、何もしていないという人が少なくありません。

しかし、睡眠のメカニズムが科学的に解明されるにつれ、たかが睡眠不足と放っておけないことがわかってきました。睡眠について考えたことはないという人も、睡眠を何とかしたいという人も、一度、睡眠を見直してみませんか?



拍手[0回]

厚生労働省は平成11年から13年にかけて、「睡眠障害の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班」を組織し、平成13年度にその研究成果として、睡眠障害の診断治療ガイドラインを報告しています。


 そのなかで、睡眠障害に対処する方法を12の項目にまとめて説明しています。非常に簡潔かつわかりやすい12の指針となっていますので、ここで紹介いたします。

拍手[0回]

「睡眠障害」とは、人間の睡眠と覚醒に関連するさまざまな病気のすべての総称です。

最近では、山陽新幹線の運転士による居眠り運転が問題になりましたが、その背景には、睡眠障害のひとつ「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」との関係も指摘されているようです。
 また、愛知医科大学睡眠センターのデータとして「1997年11月から2002年12月までに入院したSAS患者931人のうち94人が居眠り事故の経験者だった」という結果を発表しているのです。

  こうした睡眠障害は日本だけではなく、先進国に共通した社会的問題となっています。

 例えばアメリカ合衆国の場合。国が主体となり、1989年に睡眠障害国家委員会を設立し、「WAKE UP AMERICA」という運動を立ち上げた。1993年に報告された同委員会の試算によると、約4,000万人のアメリカ人が不眠症に悩み、1994年には不眠症をはじめとする睡眠障害による事故などで発生した損害は年間でおよそ470億ドルにものぼるとか。また、スペースシャトル・チャレンジャーの爆発事故や湾岸戦争時の石油タンカーの座礁についても、その原因に睡眠障害との関連性が指摘されているのです。

睡眠障害によって十分な眠りが確保できないことの危険な理由は、集中力・記憶力・思考力が低下し、さらに気分や情動が不安定に陥ることである。オーストラリアの研究では、一晩徹夜した人の作業能力をテストしたら、十分睡眠をとった時と比べ、ビール1本分を飲んだときと同じくらいの能力の低下が見られたとの報告もある(Nature1997 July 17)。日常のさまざまな仕事の能率が低下することはもちろん、交通機関の運転手や機械のオペレーターなど、職種によっては思わぬ事故につながりかねない。

また、睡眠不足は免疫機能や代謝機能などの生命維持のための基本的機能の低下を招くことも示唆されている。「たかが寝不足」と軽く考えてはいけないのです。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
生活習慣病:メインサイト
++生活習慣病レシピ++

生活習慣病対策として予防や治療のための食事レシピを紹介中!
食生活を改善して、健康的な身体を取り戻しましょう! ぜひ!参考にして、おいしい献立作ってみてくださいね。

amazon
スポンサードリンク
Copyright ©  ++生活習慣病++ MemoBlog All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]